高額な歯の治療

メリット・デメリット
噛み合わせ矯正
美しい歯並び
デンタルローン
入れ歯比較
骨格整体
重要なのは顎
50代からのインプラント
インプラントのリスク
写真で見る失敗例
インプラントの成功率
インプラントの治療法
インプラントの発祥地
インプラントの相談
インプラントの種類
喫煙者はできない
一生もの?
任意治療
贅沢品?
不可のケース
インプラント周囲炎
インプラント専門医
治療費が高い理由
交換時期
術後メンテナンス
四大インプラント
歯周病は敵
総インプラントの費用
部分と総インプラント
骨量とインプラント

インプラントのメリット・デメリット

インプラントも万能というわけではなく、メリット・デメリットがしっかり存在します。
一般的ばイメージだと、歯を埋め込み、まるで自分の歯のように扱えるというものが先行しがちなインプラントです。
ですが、インプラントのメリット・デメリットの両面を、しっかり見ていくことにしましょう。

まずメリットについてです。
一つは、安定した噛みあわせを取り戻すことが可能な点にあります。
虫歯や歯周病など、歯にはいくつかの病気が存在し、それによって人は歯の状態を悪くしてしまったり、あるいは歯が欠ける、歯が抜けるなどといったことが起きます。

これによって噛みあわせが悪くなって、ものがきちんと噛めず、太る要因となってしまったり、栄養をしっかり摂取できなかったり、いろんな悪影響へ繋がってしまうのです。
こういったことをなくすためにも、しっかりとした噛みあわせを意識していきましょう。
但し、入れ歯では限界があり、それは歯茎に歯を乗せているような感じになってしまうためです。

歯をしっかり自分に密着させ、あたかも自分の歯のように扱うためには、埋め込みの施術を行う方法が優れているのです。
また、失った歯の本数が多くとも、顎の力さえはっきりとしていれば、咀嚼能力は回復するのです。
これによって骨格のバランスを取り戻すことが可能です。

その一方で、デメリットについてです。
まず治療の時間が長期間に及ぶことです。
もちろん歯の状態にもよるのですが、歯の多くが欠けていたり、抜けていたりした場合、それを元通りに戻すのには時間がかかります。

最初のうちにきちんと確認しましょう。
また、費用もかかります。
その場合の費用は結構高額なものになります。

歯のインプラント本数が多かったり、歯肉炎によって歯全体のバランスを整える場合だったり、そうすることにより、当然ながら費用は発生します。
あらかじめ確認していきましょう。
ですが、これらデメリットを差し引いても、今後の人生を考えたとき必要と思うのがインプラント。

自分の歯ですので、しっかり管理していきましょう。